留学したいOLの楽しい東京暮らし

BBC生活ログ

考察

不登校になった私の家での過ごし方

更新日:

こんにちは渋女です。

中学二年生の時にいじめにあって不登校になりました。

でも約1年半の不登校生活は決して無駄ではありませんでした。不登校になってしまったことに罪はありません。自分を見つめ直して、いつか人生を取り戻していけばいいのです。

専門家でもなんでもありません。ただ不登校だった日々は私の人生に必要なことだったという話です。

 

不登校になった経緯

 

人によっていろんな経緯があるでしょう。いじめ、挫折、先生との相性などどうしようもない壁に立たされて行けなくなっているはずです。

私の場合はいじめでした。クラスも部活も一緒だったいじめっこに居場所を全て取り上げられてしまいました。幼馴染ですら味方になってくれませんでした。

そこから慢性的な頭痛と食欲の低下が始まり、給食を食べることをやめました。教室で話す機会がなくなり、話しかけられた時に声がすぐ出てこなくなりました。そこから朝起きた時の胃痙攣の影響(あとは精神的なもの)で遅刻が続き、教室に入れなくなったので保健室に通いになり、それも長くは続かず不登校になりました。

 

最初の半年間家で何もしていなかった。

 

不登校になってから半年間はずっとゲームをしていました。

朝は13時頃に起きてご飯を食べてゲーム。

夜は0時頃に就寝。

部活で鍛えられていた筋肉はなくなり、体力はなくなっていきました。

何もやる気がなくて人が嫌いで夜はいじめのフラッシュバックで毎晩泣いていました

 

ゲームをしているのは何かしていないとフラッシュバックで頭がいっぱいになってしまうからでした。家族は何かしていないとダメだという私の状況を理解していたらしく何も言いませんでした。

半年経ってから自分の中のいろんなことが落ち着いてきました。

次からは不登校の時にやっていたことを紹介していきます。

 

登下校ではない時間を狙って買い物に出かける

 

親に昼間にどこか行ってみたら?と言われたことがきっかけで漫画を本屋に買いに行くことが多くなりました。

これって結構重要なことで「自分の意思で出かけた。」という些細なことがほんのちょっぴり自信をくれます。また適度な運動にもなるので鈍った体に気づきます。

スタバの新作買いに行こう!やコンビニにお菓子買いに行こうでもなんでもいいのです。

ちなみに一番オススメなのは病院に行こう!です。(歯医者は特に通うことができるのでおすすめ)

 

※未成年なのでどこに出かけるかということと家に帰ってきたはきちんと親に報告しましょう。自分のために出かけるとしても何かあった時に必要なことです。

 

お菓子作りを始めた

 

好きなだけゲームして、動画を見ていたけれど飽きてしまい、(ゲームはそんなにセンスなかった)お菓子作りを始めました。

本当にお菓子作りは1日の時間を潰すのにもってこいです!ちょっと本格的なレシピを参考にして集中して作っているといつの間にか夕方になっています。

最終的にパイを焼き上げるほどになりました。

お菓子作りをしたほうがいい!という話でなく1日の過ごし方に悩んだらお菓子作りなんてどうでしょう?という話です。最後は美味しく出来上がったお菓子を食べられます!

 

勉強をした

 

たまに来る担任の先生にテストをもらって珍しく読んだ時に恐ろしくわからないことだらけで焦りました。何が書いてあるのかさっぱりわからないのです。

本が好きだったので国語はなんとかなりましたが、それ以外は本当はさっぱりわからなかったです。もうじき卒業も控えているしなんて思いながら独学で勉強をしました。ちゃっかり英検3級もとりました。

 

勉強はそれぞれのやり方があります。ただ自分には教科書を先生が読んでやる勉強より、自分で読んで進めていったほうが向いているんだなと知ることができました。これは不登校にならないとわからなかったです。

 

ひたすら考え事をしていた

何かをしていない時は考え事をしていました。ずっと自分と向き合っていました。

そのおかげで相手を思いやることができるようになってきました。人は嫌いだけど嫌われたくない自分を見つけることができました。

それに案外自分は些細は仕草で相手の感情を感じ取ってしまう癖があるんだな。と気づくこともできました。

 

そうやって自分をたくさん見つけて人をたくさん見つけることができます。自分をたくさん見つけた人は社会に出た時にきっと自分の役に立てることができます。

自分をわかっていない大人を見つけてしまうこともあります。笑

 

 

 

まとめ

 

不登校を推奨しているわけではありません。

ただそうなってしまったことで自分を責めないでください。今の時間はあなたにとってとても大事な人生の休みの時です。私は大人になってこうなるのはやだったな!と思っています。

ただ個人的に意識してほしいのは「自分の意思で外に出る。」という行為はやめないでほしいです。危なそうにフラフラしないで目的を持って出かけてください。

まだ外に出られないなら思う存分好きなことをやってください。そしたら新作ゲームを買いに外に出てみてください。ちょっと変わるかもしれません。

 

-考察

Copyright© BBC生活ログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.